Download
Download

究極のベンチマーク

1199パニガーレは、スーパースポーツバイク史において、究極ともいえるベンチマークを確立させました。1199パニガーレのデビューはドゥカティ のスーパーバイクの歴史において最も輝かしい記念碑の1つとも言える驚異的な出来事です。

ドゥカティそのもの

1199パニガーレのあらゆるディテイルは、ドゥカティが築き上げてきたレースにおける栄光の歴史に敬意を表しています。すべてのコンポーネントは、優れた効率を誇るばかりか、ミニマリスト主義の下、モーターサイクルアートとも言うべきレベルにまで完成度が高められ、圧倒的な機能美を解き放っています。 フェアリングはリアエンドに向かってなだらかな曲線を描き出し、圧倒的な加速で引っ張られたかのような印象を与えます。その大胆なデザインにより、フェアリングの一部をカットしてエンジンカバーとエグゾーストパイプをレイアウトしたほどです。 極限までスリムにデザインされ尖ったテールには、リアライトを一体化。これも1199パニガーレの視覚的ハイライトのひとつです。 このモーターサイクルのすべてが、パワー、エレガンス、俊敏さを表現しています。

モノコックテクノロジー

軽量化とパワーアップを同時に達成できたのは、モノコックテクノロジーという最良のスターティングポイントがあったからこそ。これまで個々に機能していたコンポーネントをひとつにまとめ上げ、部品点数を減らすとともに軽量化も実現しました。これにより、1199パニガーレは、先代モデルの1198比で10kgの軽量化を達成。乾燥重量をわずか164kgに抑え、スポーツバイク・セグメントに新たなベンチマークを打ち立てました。

重量配分とエルゴノミクス

1199パニガーレの前後重量配分は、ライダーなしの場合は52:48(1198は50:50)ですが、ライダーが跨がると50:50の理想的な重量配分に変化し、最高レベルの安定性と俊敏性を発揮します。

サスペンションの革新

1199パニガーレSとトリコローレは、フロントおよびリアにオーリンズ製ドゥカティ・エレクトロニック・サスペンション(DES)を完備し、ドゥカティ独自のテクノロジー、ライディングモードとの協調制御を図りました。43mm径のオーリンズ製NIX30フォークとオーリンズ製TTX36リアユニットは、伸び側および縮み側減衰力を電子的に調整する能力を備えます。スプリングプリロードは、マニュアル調整式となり、さらにアジャスタブルステアリングダンパーもオーリンズ製を採用。オーリンズ・フルパッケージ化を実現しました。

新世代ブレーキとABS

1199パニガーレには、ブレンボ製新世代M50モノブロックキャリパーを採用。M50の名称は、ブレンボの設立50周年を記念したネーミングです。超コンパクトなデザインにより、7%の軽量化を達成。1ピースの軽合金の塊から削り出されたM50キャリパーは、剛性が向上されているだけでなく、極限状態における耐変形性も向上しています。

新設計ホイールとタイヤ

1199パニガーレSと1199パニガーレS トリコローレには、スタイリッシュなマルケジーニ製鍛造マシン仕上げトリプル3本スポークホイールを採用。ブラックに赤のピンストライプを施すお馴染みのデザインが目を引きます。このホイールは、1198比で0.4kgの軽量化に成功しています。

LEDライト

水平に配置されたツインヘッドランプは、フロントインテークダクトとの一体感がより一層増し、「レースフェース」の創造に貢献。1199パニガーレのヘッドランプは、従来型メインビームとLEDポジションランプの構成だが、1199パニガーレSとトリコローレには、モーターサイクル初となるフルLEDヘッドランプを採用しています。ツインリアライトは、シートエアダクトに完全なまでに融合され、LEDブレーキライトを際立たせる艶やかな光の帯となります。ブレーキライトもLED化し、鮮やかな光の演出がなされています。フロントLEDターンインジケーターはミラーハウジングに一体化し、リアLEDインジケーターにはスタイリッシュなクリアレンズを組み合わせました。

TFT液晶インストルメントパネル

モータースポーツからフィードバックされたTFT液晶インストルメントパネルは、1199パニガーレとともに新たなレベルへの進化を遂げ、最新の情報表示テクノロジーを誇ります。フルカラーTFT液晶ディスプレイの表示内容とレイアウトは、ライディングモードに応じて瞬時に変化、それぞれの環境に最適の情報をクリアに表示します。周囲が暗い状況では、表示カラーを反転させる機能も持っています。

ドゥカティ・ライディング・モード

モード選択を切り替えると、エンジンおよびサスペンションセットアップが変更すると同時に、ABS、DTC、EBCの介入パターンも変更されます。走行中も、このモード切替操作が可能です。それぞれのモード設定は、常にセグメントをリードするドゥカティのエレクトロニクステクノロジーが存在しなければ、絶対に実現できなかったでしょう。